はぴはぴディズニーパーティー

はっぴーにディズニーを周る方法教えます!

家電販売員の闇を語ろう!科せられたノルマと戦う日常に疲れた時は?

この記事をシェアする

ディズニーリゾートランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

どうも、家電販売員のてっちゃんです!

 

f:id:tt221411:20170708230134j:image

ドナルドと一緒(D7200撮影)

 

 

今回言いたいことは?

まず今家電販売員や、販売員という業種をやりたい方に言いたい。

 

必ず覚悟と準備をしておけ!

と。

 

何故か?

販売員という業種自体は人前に出て目立つ仕事だが、問題はその中身である。

 

現役の販売員だから細かく伝えるのは控えるが、必ずどこの業界にもあるノルマがひどい!

 

これは幻想を抱く人の希望を打ち砕くひどいものと言ってもいい!

 

 

なぜノルマを課すのか?

もちろんノルマというのはどこの会社にもあるもので、ノルマを達成することで得られるものも多数ある。

 

  • メーカーさんからの達成したことによる報酬。
  • 顧客が増えることにつながり自社の利益。

 

この2点は柱と言ってもいい。

むしろこれが出来ないなら働く意味はない。

 

1番キツいことは?

これは色んな会社、部署によってだが、出来ない社員やバイトに対してのパワハラはひどい。

 

自分ではないが怒号やその人に対しての風当たりはひどい。

 

例えば値段を出すから相談しに来なさいと言って、いざ値段相談に行くといい顔をしないとかね。

 

まぁ、自分なら管理職に対しヒラなので言い返し、楯突くこともある。

 

メンタルが弱ければすぐに淘汰される世界だ。

 

しかし!

しかしですよ?

 

このパワハラを超えるいわゆる陰口というものが自分のキャパシティを超えるはるかにキツいものだということを知る。

 

何故キツいのか??

陰口というのは、周りに悪評を垂れ流す最悪の爆弾投下と言ってもいいものである。

 

特に噂好きな人や、口が軽い人など、世間話が好きなおばちゃんに多い傾向である。

 

これは噂を撒き散らす本人が日常生活の癖として吐き出すからたまったものではない。

 

噂に翻弄され、ストレスを感じ、メンタルをやられた私だからこそ行き着いた答えがある。

 

答えは・・・

ズバリ相手にするな

である!

 

相手にして、言い返したらまた噂が広がる。

もちろん噂を言う本人自身は周りからもまた始まったよ、と言われるのだが。

 

付き合った本人も評価を落とすのである。

なので、ネタをあたえないこと、つまり相手にしなければ害はない。

 

その上でも何かしら言うであろうが。

 

私はワキの匂いに対しての噂を言われ、人間的に私のワキは臭いんじゃないかと考え悩んだ。

 

だからこそ陰口は許されるものではないが、言われても気にしないフリをすることがよいだろう。

 

販売員の蹴落としあい

どこの社会でも同じく、足の引っ張り合いは存在する。

 

寝首はかかれ、出し抜かれの売り上げや取り次ぎのノルマが津波のように襲うのである。

 

自分よりも売られないような妨害など、うまーく立ち回る輩はいる。

 

もちろんそれは自分の出世やよく見られたいからなどいろんな思惑はあるだろうが…

 

結局は競争

会社は競争、しかも1カ月毎のリセットで毎月のように売り上げや取り次ぎのノルマが襲う。

 

毎日精神を削られるハードな日常。

だからこそ同部門、全部門通じてよい成績を出さなくてはというプレッシャーが襲う。

 

それでも販売員になるなら

 スポンサーリンク

売れる販売員の全技術

売れる販売員の全技術

 

 この書籍を読めば売れる販売員の技法、マインドが分かり苦しい時の力になります。

 

理屈では分かっていても中々実行出来ない方へ助けになると思います。

 

 

鉄の精神力(メンタル)をつけよう

最初からメンタルが強いわけではないため、メンタルを強くする努力をしよう。

 

これは一番やりやすい聞き流しをしましょう。

聞き流しは同調もなく、否定もしない、そうなんだーと軽めに聞き流しましょう。

 

時には正しいことは正しいと言えるメンタルも必要です。

 

そうすることでこいつは何を言っても大丈夫と思われない、つまり舐められないために必要なことです。

 

さらに聞き流しをすれば周りの面倒ごとに巻き込まれず、嫌な思いをしなくて済むからです。

 

ストレスをケアする

慣れてきた時のストレスをケアすれば最高のパフォーマンスを出せます。

 

寝るというだけではなく、ストレスをストレスと思わない受け流しをします。

 

本来ならこれは辛いということでもストレスと思わない考えかたも必要です。

 

もし、それでもどうしようもなくなったら、運動して怒りを発散するか、怒りを当人同士でぶつけ妥協を見いだしましょう。

 

まとめに

販売員という職業に夢を持っている方もいるでしょうが、いい現場ばかりではないので気持ちの準備をしておくと良いでしょう。

 

もちろんそのうちの一握りは神接客が出来る最高の店員さんですよ。

 

悲しいかな、100%のよい店はなく大体は何かしら毒されていることでしょう。

 

願わくばこれから入る人や、夢を持っている人が気持ちの準備をして店の環境を変える力や、トップセールスになれることを祈っています。

ゲームネタや漫画ネタも発信してます!


家電もあります。