はぴはぴディズニーパーティー

はっぴーにディズニーを周る方法教えます!

サッカー日本代表の日程や試合メンバー【ワールドカップベスト8の壁】

この記事をシェアする

ディズニーリゾートランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

4年に1度のサッカーの祭典World Cupが2018年ロシアで6月14日から開催されています。サムライブルー日本代表がまたも越えられないベスト8の壁が分厚く立ちはだかっています。

 

f:id:tt221411:20180619175619p:image

日本代表メンバー(iPhone7スクショ)

 

 

 

 

大会日程

グループリーグは6月14日から6月28日の2週間に渡り開催されます。

 

日本代表の日程は6月19日21時コロンビア、6月24日24時セネガル、6月28日23時ポーランドとなっています。

 

6月30日から7月15日が決勝トーナメントの日程となります

 

グループHを展望

本命はコロンビアとポーランドです。

 

日本にまずグループリーグ突破をしてほしいものの現実的に3敗して終わる可能性がある日本ですが、コロンビア、ポーランドで1勝1分といけるならセネガルに勝ちか引き分けで突破できます。

 

現実的にコロンビア戦に負けならグループリーグ敗退確定と言ってもいいため日本代表は最低でも引き分けが突破の条件と見ています。

 

ポーランドも安定した守備で得点を許さない守りです。

 

セネガルコートジボワール以上のオフェンスを秘めているためポーランド、コロンビアが頭一つ抜けていても突破は容易ではないどこが来てもおかしくない混戦のグループとなりそうです。

 

日本代表メンバー

GK

1川島 永嗣(メス)

12東口 順昭(G大阪

23中村 航輔(柏)

 

DF

2植田 直通(鹿島)

3昌子 源(鹿島)

5長友 佑都(ガラタサライ

6遠藤 航(浦和)

19酒井 宏樹(マルセイユ

20槙野 智章(浦和)

21酒井 高徳(ハンブルガーSV

22吉田 麻也(サウサンプトン

 

MF

4本田 圭佑(パチューカ

7柴崎 岳(ヘタフェ)

8原口 元気(デュッセルドルフ

10香川 真司(ドルトムント

11宇佐美 貴史(デュッセルドルフ

14乾 貴士(ベティス

16山口 蛍(C大阪

17長谷部 誠(フランクフルト)

18大島 僚太(川崎F

 

FW

9岡崎 慎司(レスターシティ

13武藤 嘉紀(マインツ

15大迫 勇也(ブレーメン

 

日本代表を応援する

スポンサーリンク

 

 

対コロンビア

コロンビアにとっても日本にとっても最重要な初戦です。

 

4年前1-4と敗れてから勝てるイメージがなく前大会からのスーパースター、ハメス・ロドリゲスは驚異で彼を起点にしたオフェンスを止めない限り日本の勝機はないに等しいのです。

 

さらにハメス・ロドリゲスをとめても突破力をウリにしているグアドラード、コロンビアの点取り屋でもあるラダメル・ファルカオを止めなければならないほど何枚も分厚い攻撃が日本ゴールを脅かします。

 

日本は先のドイツ-メキシコを見習ってカウンターから裏のスペースへ走りこめる選手、つまり乾を起用して得点に絡めたいところです。

 

逆にコロンビアにとっては先制点を奪ってしっかり攻めにつなげたいところです。

 

6月19日◯2-1勝ち

6分香川 真司(PK)(日本)

39分ファン・フェルナンド・キンテロ(コロンビア)

73分大迫 勇也(日本)

 

戦評

日本にとっては嬉しい、コロンビアにとっては信じられない大誤算となりました。

 

この試合でワールドカップ南米勢に日本が勝ったのは初めてです。

 

前半6分日本のゴール前でのシュートをサンチェスがハンドで1発レッドといきなりコロンビアは1人少ない状態となり劣勢をしかれます。

 

更にPKを落ち着いて香川が決めて1-0とします。

 

安心してプレーする日本ですが、ところどころでファルカオ、キンテロがゴールに迫る驚異があります。

 

日本がゆっくりボール回しをするとコロンビアサポーターが大ブーイングです。

 

しかし39分FKをグラウンダーでキンテロが直接決め同点にします。

 

後半に入りリスクを犯しても攻めに転じる日本。

 

本田も後半香川と交代し、73分大迫がコーナーから頭で合わせて決勝ゴールを決めます。

 

乾もゴールに絡まないものの献身的な守備を見せてくれました。

 

とはいえ、10人でもゴール前に迫る驚異のコロンビア、やはり南米トップクラスのチームです。

 

運を味方にした日本は1勝、コロンビアはいきなりの1敗となりました。

 

日本は次の試合で勝てば、コロンビア-ポーランドの結果次第で決勝トーナメント進出を決めることが出来ますので期待しましょう。

 

セネガル

日本はポーランド相手にする前に勝って勝ち点を取りたいチームでもあります。

 

コロンビア、ポーランドと比較してここで勝ち点を取れる可能性が高いので先のガーナ戦であったような不用意なファウルを避けてしっかり守りたいディフェンス陣です。

 

セネガルは第1戦のポーランド次第でより攻撃的にくるはずなので日本はコンパクトに守りセネガルに対しディフェンスが機能すれば勝てる見込みがあります。

 

逆にセネガルはパワープレーで日本ゴールを脅かしたいところです。

 

コロンビアに比べると戦いやすいですが10人と11人では大分違うので油断せずに戦いきりたい日本です。

 

しかしセネガルのディフェンスはアフリカチーム1守りが堅いので勝ち切るにはセネガルの早いカウンターに警戒しつつ、早いボール回し、アーリークロスでディフェンスの対応を遅らせることが重要です。

 

6月24日△2-2引き分け

 

11分マネ(セネガル

34分乾(日本)

71分ワゲ(セネガル

78分本田(日本)

 

戦評

スタートから攻めあぐねるセネガル

シュートからの川島のパンチングしたこぼれ球をマネが押し込みセネガルが先制します。

 

浮足立つかと思った日本が驚くほど冷静で逆にセネガルをゾッとさせます。

 

チェンジオブペースでセネガルのリズムを崩し日本についにチャンスが。

 

長友のパスを受けた乾が右へスライドしてシュートへ、ゴールで同点に。

 

その後も日本ペースでしたが、キーパーと1対1になりそうなピンチを川島が前に出てシュートコースを消しブロックします。

 

日本ペースでいたところを流れを変えるニアンも厄介な選手です。

 

その後はお互い攻めきれずオフサイドトラップをかけたりする日本に戸惑うセネガル

 

勝負は後半へ。

後半から攻め方を変えるセネガル

 

途中セネガル陣内で柴崎からのパスで大迫への決定的チャンスも大迫の空振り。

 

逆にセネガルはマネがチャンスをつくりセンターバックのワゲに飛び込まれゴールを許し再度リードされる日本。

 

日本はここで本田、岡崎を投入。

サイドから切り崩し、岡崎を越えたボールの前に本田がポジショニングします。

 

浮かせたボールはゴールネットに刺さり同点になります。

 

持ってる本田は半端ない大迫同様、今大会のヒーローの一人です。

 

セネガルもエンドイエを日本はスピードがある宇佐美など攻撃のカードを切りますが今大会攻撃的な両チームです。

 

しかしお互い決定機を作れず引き分けに終わりました。

 

ポーランド

日本はポーランドのストライカー、レバンドフスキに警戒をしたいところです。

 

コロンビア、セネガルに比べると一番攻守のバランスが取れていてドイツチームを彷彿とさせる強さです。

 

ここに来るまでの勝敗で戦い方で変わってきますが、ポーランドは2敗でむかえ、全敗では祖国へ帰れないと意地を見せてくるでしょう。

 

日本は1勝1分、セネガルも1勝1分、コロンビア1勝1敗のため日本は引き分けでもグループリーグ突破になります。

 

そうするとしっかり守りきれれば点は取られないためポーランド攻撃陣を抑え0封できれば自ずと予選突破できます。

 

ポーランドは強いだけにドイツ-メキシコをプレイバックし、奢りや相手を舐めないことが勝利へのカギになります。

 

セネガルが見せたレバンドフスキ封じを日本が出来れば勝機は充分にあると言えます。

しかしセネガル戦で見せた素晴らしい攻めが出来るなら引き分け以上を狙えるため日本はこの試合に集中し勝ちを狙っていきたいところです。

 

6月28日●0-1負け

61分ベドナレク(ポーランド

 

戦評

スタメンから乾、香川、長谷部、原口、昌子、大迫の6人休ませ、代わりに槙野、武藤、岡崎、酒井高、山口、宇佐美とガラリと変えてきました。

 

日本も1、2戦よりも控えメンバーが多いため動きが固く、今ひとつ機能できていない感じがあります。

 

ポーランドも日本のパス回し中はあまり攻めてこずポーランドも静かな立ち上がりです。

 

ポーランドもセットプレーの精度が高く、日本もカウンターやポーランド陣内深い位置からの

パスカットでチャンスを演出しますが武藤、岡崎共にゴールにはなりません。

 

たまに日本のパス回し中にポーランドが高い位置からカットしカウンターを仕掛けるので要注意ですが、ポーランドも日本のディフェンスをやりにくそうにしているためレバンドフスキまで決定的につなぐところまで持って行けていません。

 

ポーランドもこれまでよりもいい攻めを見せますが川島がポーランドのヘディングで枠内に飛んできたボールをスーパーセーブで見せます。

 

日本もサイドからの攻めで宇佐美も枠内にシュートするも阻まれます。

 

今日のポーランドはコーナーからのセットプレーはシュートで終わってくるのでかなり怖い印象です。

 

日本もいい攻めを見せていますが岡崎も厳しいマークにあいゴールまではつながらず。

 

ポーランドのカウンターを封じ込めるように柴崎も厳しいディフェンスをし、ポーランドにいいようにさせません。

 

ポーランドはロングボールを多用し、クリホビアクがチャンスメイクをしてきます。

 

0-0で前半折り返したのは今大会初です。

日本もポーランドも決定機をGKのスーパーセーブによりスコアレスで後半を迎えます。

 

後半早々に足に違和感があり、開始2分で大迫に交代します。

 

ロングボールを放り込むポーランド、グロシツキなどボールを通しやすくなるものの長友がしっかり対応し、最後までは詰めさせません。

 

酒井高もかなり攻撃を仕掛けていい形を作っています。

 

ポーランドの素早いカウンターの仕掛けを吉田麻也が詰め、川島の飛び込みで本日2度目のビッグセーブをします。

 

サイドの長友からいいパスを受ける武藤ですが、シュートまでのタメやドリブルが長くまともにシュートを打てていません。

 

裏のパスから武藤が宇佐美につないでいます、そこからコーナーでこぼれ球を槙野がオーバーヘッドキックを見せます。

 

セットプレーからベドナレクにゴールをうばれます。

 

浮足立ち始める日本に対しポーランド本来の攻撃をし始めます。

 

ついに西野監督が動いて宇佐美に変え乾にチェンジします。

 

セットプレーが増えるポーランドに対し乾はドリブルで切り崩します。

 

サイドを切り崩し得たコーナーで吉田麻也がヘッドでチャンスメイク。

 

ポーランドのこれまでレバンドフスキ封じてきたもののカウンターでシュートを打たれます。

 

ポーランドも1点を取ってから無理に攻めてはきませんが、槙野の対応から危なくなるシーンがありました。

 

日本もセネガルがリードされている情報からパス回しを長くし始めます。

 

会場から大ブーイングが起こります。

リスクを冒さない日本、ボールを追わないポーランドです。

 

フェアプレーポイントを言われないためにも次の試合はしっかりプレーで返してほしいものです。

 

試合は日本の負けで終わりましたがコロンビア勝利のため決勝トーナメント進出を決めています。

 

初のフェアプレーポイントでセネガルを上回ったのが良かったと言えます。

 

決勝トーナメント展望

待ち受けるのはベルギーかイングランド、同じブロックにブラジルがいますのでまずはどちらがきてもベスト8を目指すだけです。

 

鍵は追う展開になった時にポーランド戦みたいにならないことです。

 

次はベルギーにしてもイングランドにしても優勝候補なので、今日休ませたメンバーがいいクォリティを発揮してくれることを期待します。

 

1回戦対ベルギー

7月3日●2-3負け

48分原口(日本)

 

 

スタートからいい攻めを見せる日本です。

香川がシュートで終わると、今日は日本の縦パスが通ります。

 

積極的に攻めているところはベルギーも警戒しています。

 

ベルギーも攻め上がりますが、序盤機能せず探り探りです。

 

日本はルカクアザール、デブルイネをしっかりと抑えています。

 

今日は大迫や柴崎のディフェンスが冴えてパスカットも多くチャンスはあります。

 

ルカクには複数マークいけてますが身体能力とが高いため要警戒です。

 

ベルギーのコーナーはショートコーナーや低い球、高い球と多彩な攻撃を見せてきますが長友や昌子がまだ決定機を作らせていないのが今の所いい守備を見せています。

 

ルカクにボールが渡るシーンも増え決定機が増え始め日本の守備が長くなります。

 

コンパニーなど裏のスペースを使うベルギーですが、日本も速いパス回しで香川から長友のクロスで乾のヘディングでシュートまで持っていく形もキーパーの好セーブに阻まれます。

 

日本もベルギーもインターセプトが多く、お互いにヒヤリのシーンも多く、ヴィッテルミドルシュートを積極的に撃ってきます。

 

日本はベルギーに再三チャンスを与えてしまうもののシュートブロックで止めています。

 

ムニエを使うベルギーに再三チャンスを作られる日本に対し左サイドの攻めで長友、乾、香川、大迫がいい形で攻めました。

 

ベルギーの猛攻に耐え日本は0-0で後半を迎えます。

 

後半3分カウンターからの柴崎の魔法の右足からのスルーパスを受けた原口が受け一瞬タイミング外されましたが左スミにシュートを放ちゴールを決めました。

 

直後のカウンターでエデン・アザールが決定機を右のゴールバーに当てて入らず。

 

後半7分乾が香川からパスを受け右隅に無回転シュートはキーパー触れず2-0と日本リードします。

 

ベルギーはリードされてからだいぶ焦ってます。

ボールを奪われる機会が増えてます。

 

日本チャンスが増えシュート数も増えます。

クロスに合わせたルカクのヘディングがゴールにはならず決定機を逃します。

 

ベルギーは19分過ぎに流れを変えるため長身のフェライニを投入します。

 

ムニエもシュートを放ち14本目です。

日本はわずか7本です。

 

吉田麻也が走りこむルカク

 

後半25分フェルトンゲンの遠目のヘディングがループのようなシュートになり吸い込まれるようにゴール。

 

後半29分フェライニのヘディングで同点ゴールです。

 

降り出しに戻り両チーム激しいオフェンスを見せます。

 

柴崎はアザールのドリブルをよく止めます。

35分、柴崎に変わり山口蛍、原口に変わり本田が出ます。

 

香川と本田のコンビプレーで攻めのバリエーションが増えています。

 

川島が2本連続でスーパーセーブを見せています。

 

左サイドからの攻めをGKクルトワがセーブし、日本もゴールは割れません。

 

大迫がファウルをもらいFKを本田が無回転シュートもクルトワにスーパーセーブされ直後のカウンターで守りきれずルカクがスルーし、シャドリがゴールを決めました。

 

日本はアグレッシブに攻めベルギーを追い詰めましたが惜しくもベスト8に届かなかったです。

 

世界との差、しかし僅か

勝ちたかったし、勝てた試合だったが持てる力を出し尽くしその上で負けたのは胸を張っていいのではないかと言えます。

 

長谷部の代表引退、次回のW杯は出ないと言っている本田などけん引してきた選手たちも去りますが日本代表が見せた可能性を次に無駄にならないバトンをしっかと次の世代へ渡してほしいですね。

 

間違いなく今大会アジア王者の風格を見せてました。

アジアFIFAランク最上位のイランでもなくドイツを破ったアジアの虎韓国でもなく、アジア屈指のフィジカルを持つオーストラリアでもなく日本なのです。

 

世代交代が上手くいくならば次こそはベスト8になれると言えます。

ゲームネタや漫画ネタも発信してます!


家電もあります。