はぴはぴディズニーパーティー

はっぴーにディズニーを周る方法教えます!

W杯レポートNo.10北欧の雄スウェーデンの下克上で狙うベスト4

この記事をシェアする

ディズニーリゾートランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

4年に1度のサッカーの祭典World Cupが2018年6月14日からロシアで開催されています。北欧の雄スウェーデン代表は次々と強豪を倒し今大会出場してきました。

 

f:id:tt221411:20180623025831p:image

スウェーデン代表メンバー(iPhone7スクショ)

 

 

大会日程

グループリーグは6月14日から6月28日の2週間に渡り開催されます。

 

スウェーデン代表の日程は6月18日〇1-0韓国、6月23日●1-2ドイツ、6月27日◯3-0メキシコとなっています。

 

6月30日から7月15日が決勝トーナメントの日程となります。

 

グループFを展望

名前だけみるとグループEはドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国と一般的には『死の組』と揶揄するくらい一癖も二癖もあるチームが多く、ドイツも苦戦するとの見方が強いのですが実際にはドイツ一強の2位の椅子をメキシコ、スウェーデン、韓国で争うのではないかと伺えます。

 

理由は簡単で、ドイツは予選リーグ落ちが過去の参加した大会から見ても西ドイツ時代の1978年アルゼンチン大会での2次リーグ敗退とたった1回しかないという強みがあります。

 

加えて西ドイツ時代から東ドイツと統合してドイツとなってからはベスト8以下にはならないハイレベルで今やヨーロッパでもトップクラスのチームなのです。

 

さらに前大会優勝からFIFAランク1位をあまり譲ることなく2018年6月7日最新FIFAランクもブラジルを抑え1位でした。

 

しかも17大会連続19回目の出場は最早圧巻の一言です。

死角は限りなくないと言えますが何が起こるか分からないのがワールドカップです。

 

メキシコもここ最近はグループリーグ落ちがなく、スウェーデン下剋上として予選からフランス、オランダ、プレーオフではイタリアとワールドカップ常連国を倒し本大会でも優勝候補ドイツに北中米カリブ海の覇者メキシコ、アジアの虎韓国とここでも下剋上を果たしに来ました。

 

スウェーデン代表メンバー

 GK

1ロビン・オルセンコペンハーゲン

12カール・ヨハン・ヨーンソン(ギャンガン)

23クリストファー・ノルフェルト(スウォンジー

 

DF

2ミカエル・ルスティグ(セルティック)

3ビクトル・リンデレフ(マンチェスターU
4アンドレアス・グランクビスト(クラスノダール
5マルティン・オルソン(スウォンジー
6ルドウィグ・アウグスティンソン(ブレーメン

14フィリップ・へランデル(ボローニャ
16エミル・クラフト(ボローニャ
18ポントゥス・ヤンソン(リーズ)

 

スウェーデン代表を応援する

 スポンサーリンク

 

 

強豪国の情報

スウェーデンが死の組1位を取りチャンスが来ました。

しかしグループリーグの順位次第で相手はFIFAランク6位のスイスと1回戦からぶつかりますが準々決勝はベルギーかイングランドVSコロンビアの勝者となります。

 

 

スイスに勝ててもイングランドかベルギーと待ち構える強豪は尽きないですが下剋上から4強あたりまでは意外と残りそうなスウェーデンです。

 

準決勝はスペインかクロアチアになりそうな予感です。

 

対韓国

〇1-0勝ち

65分アンドレアス・グランクビスト(PK)(スウェーデン)

 

戦評

試合巧者のスウェーデンがPKで得た1点を守り切りこのグループで首位となった。

韓国はPKを与えるまで要所要所は締めていたがPKでの失点が決勝点になってしまいました。

 

韓国もVARのせいかファウルやラフプレーには気を付けていたと思いますが、両軍決め手を欠く展開になりました。

 

この敗北で残り2試合韓国は負けが許されなくなりました。

逆にスウェーデンはドイツ戦を勝ちに行くのか、引き分け狙いで行くのかを考えていきたいところです。

 

対ドイツ

ドイツが恐らくグループリーグで最も嫌な相手はこのスウェーデンであると考えます。

 

欧州予選ではグループAでフランス、オランダ、ブルガリアのまさに文字通り『死の組』と化した予選をオランダ、ブルガリアを抑えて2位通過、プレーオフでも対イタリアを退けてのワールドカップ出場と今大会でもダークホースでジャイアントキリングが期待されています。

 

2014大会ベスト8のフランスにも1勝1敗、ブルガリアに1勝1敗、オランダに1分1敗も2位通過し、イタリアにはホームで1-0、アウェーで0-0と辛くも勝利し、イタリアに辛酸を舐めさせるなどのかつての古豪復活を植えつけました。

 

そんなスウェーデン代表はイブラヒモビッチが出ないとあり注目選手が若きDFルドヴィグ・アウグスティンソンがドイツ代表の猛攻をシャットアウト出来るのではないかと期待しています。

 

もし、ドイツ代表が負けるとすればこのスウェーデンが一番可能性が高いのです。

 

過去の親善試合含めた対戦成績はドイツの9勝4分8敗とほぼ互角です。(2000年以降はドイツの3勝2分)

 

兎にも角にも嫌な相手ではあるのでメキシコ戦の結果で破れたドイツ代表は勝ち点3を狙いにいきます。

 

スウェーデンも韓国戦勝利でドイツ戦を迎え、この試合を勝つとドイツのグループリーグ敗退&下剋上をきめることができます。

 

フランス、オランダ、イタリアときて、そしてドイツを敗北に追い込めるのか?

 

堅守のチームであるスウェーデンですからカウンターから先制すればスウェーデンに勝機ありです。

 

●1-2負け

32分オラ・トイヴォネン(スウェーデン

48分マルコ・ロイス(ドイツ)

90分+5トニ・クロース(ドイツ)

 

戦評

スウェーデンがいいムードで前半を終えたが後半ドイツが王者の意地を見せ1人少ないドイツ薄氷の勝利でした。

 

前半もお互い探り探りで展開していましたが1点先制されてからの後半はドイツのファウルがかさみ、ジェローム・ボアテングが71分にイエローを1枚貰うと82分にも再びこの日2枚目のイエローをもらい合わせてレッドで退場となってしまいます。

 

もう残り時間も少なく攻め手もなくなる両軍。

ドイツも追い込まれアディショナルタイムフリーキック、チョンと押し出したボールをトニ・クロースが劇的なミドルをゴールネットに突き刺し勝利をきめます。

 

スウェーデンは引き分けを意識していただけに大誤算。

 

ドイツは韓国戦勝利でグループ突破を手繰り寄せました。

 

対メキシコ

ドイツ戦の死闘を制しきれなかったスウェーデンとしてはメキシコに是が非でも勝ちにいきたいところです。

 

スウェーデンはメキシコがドイツ戦で見せた縦の裏のスペースに走りこむ鋭いカウンターに気を付けたいところです。

 

逆にメキシコはドイツ戦同様鋭いカウンターで決めたいところ。

メキシコは引き分け狙いでもよくなるためお互い攻め手を欠きスコアレスドローになる可能性もあります。

 

しかしスウェーデンはこれまで予選から劣勢を跳ね返してきただけにメキシコはスウェーデンの戦術に要注意です。

 

スウェーデンは勝ってもドイツが韓国に勝つと勝ち点で3チーム並ぶため2点差以上でメキシコに勝ちたいところです。

 

6月27日◯3-0勝ち

 

戦評

スウェーデンが引き分けではドイツを上回れないということで序盤からメキシコに猛攻を仕掛けます。

 

メキシコはドイツ戦の時のように攻めきれずスウェーデンに対し防戦一方で後半に入りスウェーデンに先制されると更にPKも奪われ0-2へ。

 

ドイツが勝つとメキシコが得失点差で敗退となるため、メキシコも攻め上がりますがスウェーデンは更に攻め込み3-0とします。

 

メキシコは1点が遠くスウェーデンのクォリティーに及ばなかったですが、ドイツが韓国に敗れたため2位通過になりました。

 

決勝トーナメント展望

スウェーデン1位通過でかつての4強以上を目指すためにグループEの2位がスイスとあり堅守スイスをやぶりまずはベスト8を狙いたいです。

 

スイスはシャキリがカウンターからの速攻を決めたいところです。

 

スウェーデンにとってはまずはスイスとなりますがイングランドやベルギーも隣にいますがベルギー以上にイングランドは要警戒です。

 

はてさてスウェーデンのトーナメントでのジャイアントキリングはあるのか楽しみです。

ゲームネタや漫画ネタも発信してます!


家電もあります。