はぴはぴディズニーパーティー

はっぴーにディズニーを周る方法教えます!

セネガル代表のサッカーと監督、フォーメーションや有名選手スタメン

この記事をシェアする

ディズニーリゾートランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

4年に1度のサッカーの祭典World Cupが2018年ロシアで開催されます。アフリカ最強の呼び声高いセネガルが今回も旋風を起こしました。結果は日本代表と僅差でグループリーグ敗退となりました。

 

f:id:tt221411:20180628235050p:image

セネガル代表メンバー(iPhone7スクショ)

 

 

 

 

大会日程

グループリーグは6月14日から6月28日の2週間に渡り開催されます。

 

日本代表の日程は6月19日◯2-1ポーランド、6月24日24時日本、6月28日23時コロンビアとなっています。

 

6月30日から7月15日が決勝トーナメントの日程となります

 

 

グループHを展望

本命はコロンビアとポーランドです。

 

日本にまずグループリーグ突破をしてほしいものの現実的に3敗して終わる可能性がある日本ですが、コロンビア、ポーランドで1勝1分といけるならセネガルに勝ちか引き分けで突破できます。

 

現実的にコロンビア戦に負けならグループリーグ敗退確定と言ってもいいため日本代表は最低でも引き分けが突破の条件と見ています。

 

ポーランドも安定した守備で得点を許さない守りです。

 

セネガルコートジボワール以上のオフェンスを秘めているためポーランド、コロンビアが頭一つ抜けていても突破は容易ではないどこが来てもおかしくない混戦のグループとなりそうです。

 

セネガル代表のユニフォームを着て応援する

 スポンサーリンク

 

ポーランド

6月19日

◯2-1勝ち

37分T.チョネク(OG)(セネガル

60分M.ニアン(セネガル

86分G.クリホビアク(ポーランド

 

戦評

セネガルの堅い守備にポーランドが対応できず、早いカウンターにやられたポーランドが破れました。

 

ポーランドが大会前高い評価を得ているにもかかわらずセネガルに飲み込まれたのはポーランドの奢りとセネガルの早いカウンターについていけないポーランドがディフェンスも崩壊してしまいました。

 

頼みの綱のレバンドフスキセネガルの分厚い壁に阻まれ徹底的なレバンドフスキ封じを見せてきました。

 

日本同様番狂わせを起こしたセネガル

今大会下克上が多い今大会、日本同様セネガルもトーナメントに勝ち上がるジャイアントキリングを見せてくれるかもしれないです。

 

 

対日本

日本はポーランド相手にする前に勝って勝ち点を取りたいチームでもあります。

 

コロンビア、ポーランドと比較してここで勝ち点を取れる可能性が高いので先のガーナ戦であったような不用意なファウルを避けてしっかり守りたいディフェンス陣です。

 

セネガルは第1戦のポーランド次第でより攻撃的にくるはずなので日本はコンパクトに守りセネガルに対しディフェンスが機能すれば勝てる見込みがあります。

 

逆にセネガルはパワープレーで日本ゴールを脅かしたいところです。

 

コロンビアに比べると戦いやすいですが10人と11人では大分違うので油断せずに戦いきりたい日本です。

 

しかしセネガルのディフェンスはアフリカチーム1守りが堅いので勝ち切るにはセネガルの早いカウンターに警戒しつつ、早いボール回し、アーリークロスでディフェンスの対応を遅らせることが重要です。

 

6月24日△2-2引き分け

11分マネ(セネガル

34分乾(日本)

71分ワゲ(セネガル

78分本田(日本)

 

戦評

スタートから攻めあぐねるセネガル

シュートからの川島のパンチングしたこぼれ球をマネが押し込みセネガルが先制します。

 

浮足立つかと思った日本が驚くほど冷静で逆にセネガルをゾッとさせます。

 

チェンジオブペースでセネガルのリズムを崩し日本についにチャンスが。

 

長友のパスを受けた乾が右へスライドしてシュートへ、ゴールで同点に。

 

その後も日本ペースでしたが、キーパーと1対1になりそうなピンチを川島が前に出てシュートコースを消しブロックします。

 

日本ペースでいたところを流れを変えるニアンも厄介な選手です。

 

その後はお互い攻めきれずオフサイドトラップをかけたりする日本に戸惑うセネガル

 

勝負は後半へ。

後半から攻め方を変えるセネガル

 

途中セネガル陣内で柴崎からのパスで大迫への決定的チャンスも大迫の空振り。

 

逆にセネガルはマネがチャンスをつくりセンターバックのワゲに飛び込まれゴールを許し再度リードされる日本。

 

日本はここで本田、岡崎を投入。

サイドから切り崩し、岡崎を越えたボールの前に本田がポジショニングします。

 

浮かせたボールはゴールネットに刺さり同点になります。

 

持ってる本田は半端ない大迫同様、今大会のヒーローの一人です。

 

セネガルもエンドイエを日本はスピードがある宇佐美など攻撃のカードを切りますが今大会攻撃的な両チームです。

 

しかしお互い決定機を作れず引き分けに終わりました。

 

対コロンビア

セネガルは引き分けでもいいため、日本戦の時のような前のめりは少ないと言えます。

とは言え、ハメスやファルカオクアドラード、キンテロなどのカードが豊富なコロンビアは日本が見せたパス回しで中盤を大きく開けられれば切り込みファルカオやハメスが崩す足掛かりになるのは間違いないです。

 

セネガルは最終戦で負けると日本戦の結果次第になるため簡単に攻め上がるとは言えませんが韓国がドイツを倒した時のようにとにかく徹底したディフェンスにボールを奪った時の鋭いカウンターをきめればいいので攻めるコロンビア、守るセネガルの構図ではありますが、メンタルはコロンビアが波に乗り、勝てた試合を引き分けたセネガルよりも優位に立てるのは間違いないでしょう。

 

6月28日●0-1負け

74分ジェリー・ミナ(コロンビア)

 

戦評

ボール支配率は高いコロンビアも前半はセネガル守備を切り崩すことが出来ず逆にカウンターから4本もシュートを打たれてしまいます。

 

コロンビアは僅か1本しかシュートを仕掛けて行けず前半はセネガルに封じ込まれた印象です。

 

後半も少ないチャンスをキンテロからのコーナーキックをニアサイドで合わせたジェリー・ミナが合わせ先制するとコロンビアは逃げ切り、日本が敗れたため1位通過を確定しました。

 

セネガルはまさかのフェアプレーポイントに泣く結果となりました。

ゲームネタや漫画ネタも発信してます!


家電もあります。