はぴはぴディズニーパーティー

はっぴーにディズニーを周る方法教えます!

W杯レポートNo.17一矢報いたアジアの虎韓国が宿敵日本へ示した闘志

この記事をシェアする

ディズニーリゾートランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

4年に1度のサッカーの祭典World Cupが2018年6月14日からロシアで開催しています。そんな中FIFAランク1位のドイツ代表を打ち破ったアジアの虎韓国がW杯敗退するもピックアップされています。

 

f:id:tt221411:20180630021523p:image

韓国代表メンバー(iPhone7スクショ)

 

 

 

大会日程

グループリーグは6月14日から6月28日に開催されます。

 

韓国代表の日程は6月17日●0-1スウェーデン、6月23日●1-2メキシコ、6月27日〇2-0ドイツとなっています。

 

6月30日から7月15日が決勝トーナメントの日程となります。

 

グループFを展望

名前だけみるとグループEはドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国と一般的には『死の組』と揶揄するくらい一癖も二癖もあるチームが多く、ドイツも苦戦するとの見方が強いのですが実際にはドイツ一強の2位の椅子をメキシコ、スウェーデン、韓国で争うのではないかと伺えます。

 

理由は簡単で、ドイツは予選リーグ落ちが過去の参加した大会から見ても西ドイツ時代の1978年アルゼンチン大会での2次リーグ敗退とたった1回しかないという強みがあります。

 

加えて西ドイツ時代から東ドイツと統合してドイツとなってからはベスト8以下にはならないハイレベルで今やヨーロッパでもトップクラスのチームなのです。

 

さらに前大会優勝からFIFAランク1位をあまり譲ることなく2018年6月7日最新FIFAランクもブラジルを抑え1位でした。

 

17大会連続19回目の出場は最早圧巻の一言です。

 

韓国代表を応援する

 スポンサーリンク

 

 

スウェーデン

●0-1負け

 

VARに韓国のファウル、ラフプレーがPKを与えます。

 

スウェーデンはパワープレーやテクニックを駆使し韓国ゴールを脅かします。

 

韓国も守備の意識は高いですがスウェーデンの守りも固く頼みのソン・フンミンも不発に終わりました。

 

対メキシコ

●1-2負け

26分カルロス・ベラ(PK)(メキシコ)

66分ハビエル・エルナンデス(メキシコ)

90分+3孫 興民(韓国)

 

戦評

前節に続きラフプレーで自滅の韓国。

メキシコは反則で勝利をモノにしたがけが人を出されては困るため韓国と対戦をしたいとは思わないでしょう。

 

VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が出来てからは韓国は見えない位置でのファウルがことごとく笛を吹かれ相手チームにチャンスを与えています。

 

スウェーデン戦でもPKを与え、メキシコにもPKを献上しています。

 

日本がコロンビアを下し、アジア最強を名乗る韓国もメキシコに勝ち面目躍如といきたかったがゴールがアディショナルタイム中のソン・フンミンのゴールだけではもはや勝ち切れないです。

 

次は王者ドイツだけにフェアにラフプレーを混ぜてくるだろうがアジアの虎と呼ばれた意地を見せてほしいですね。

 

メキシコは引き分け以上なら1位通過出来ますがスウェーデンもリーグ突破がかかるため死闘になるのは避けられません。

 

対ドイツ

恐らくドイツにとっては勝ち点をもぎ取りやすい相手だけに絶対勝ちたい相手です。

 

逆に韓国もベスト16を狙うならこのドイツ戦は引き分け狙いに徹するしかないためメキシコ、スウェーデンのどちらかに勝利をもぎ取るしかないのです。

 

ここまでドイツは1勝1敗か1分1敗でしょうから韓国戦は圧勝を狙いにいきます。

 

逆に韓国はメキシコを見習ってしっかり守ってカウンター狙いに徹すれば番狂わせも期待出来ます。

 

日本同様、韓国も厳しいグループ、チーム事情のためドイツの圧倒的優位は揺るがずと言ったところです。

 

6月27日〇2-0勝ち

 

戦評

歴史が変わりました。

韓国がドイツを破りドイツ連覇の夢は打ち砕かれました。

 

ドイツ連覇を阻んだのはこの1次リーグ敗退がほぼ決まっていた韓国でした。

 

ドイツは序盤落ちついて展開して攻めていたものの、韓国のカウンターにヒヤリとするシーンが多く、どこか危ない戦いでした。

 

そこに王者の姿はなく、韓国の堅守に阻まれるまさにらしくない戦いです。

 

ドイツも他国を研究していますがそれ以上に丸裸にされたドイツは王者として君臨した安定感に残念ながら依存してしまったのでしょう。

 

今まで安定を誇りミスを突いてモノにしてきたことを逆にされてしまうドイツ。

 

後半アディショナルタイムに韓国オフサイドでノーゴールの判定があがるもVARの判定で覆り韓国ゴールとなり先制され、ノイアー上がるもカウンターで追加点を奪い王者を倒したのはメキシコ以上に番狂わせを演じました。

 

敗退した韓国が見せた意地

韓国はスウェーデン、メキシコに対してはラフプレーが多くアジアの恥とまで言われました。

 

しかし、ドイツ戦に関しても最初はファウルは多いですが、スタイルを変えず常にボールを奪ったらソン・フンミンにつなぎカウンターというスタイルだけは変えませんでした。

 

ついに牙城をアディショナルタイムに破ってからもカウンターでとどめを刺しました。

 

韓国は良くも悪くも日本を意識した時に負けたくない気持ちが増幅し、王者ドイツと渡り合えたのだと言えます。

 

ドイツはこれまでパフォーマンスが悪くても決めるところは決めてきました。

 

それを韓国がアジア勢で初とも言える本選でドイツを破る快挙を見せました。

 

ゲームネタや漫画ネタも発信してます!


家電もあります。