はぴはぴディズニーパーティー

はっぴーにディズニーを周る方法教えます!

デンマーク代表のユニフォームやフォーメーションとスタメンで16強

この記事をシェアする

ディズニーリゾートランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

4年に1度のサッカーの祭典World Cupが2018年ロシアで6月14日から開催されています。デンマークの堅い守備でベスト16まで勝ち残ることが出来ました。クロアチアをPKまで追い込む激闘は中々でした。

 

 

大会日程 

グループリーグは6月14日から6月28日の2週間に渡り開催されます。

 

デンマーク代表の日程は6月17日〇1-0ペルー、6月21日△1-1オーストラリア、6月26日△0-0フランスとなっています。

 

6月30日から7月15日が決勝トーナメントの日程となります。

 

グループCを展望

グループCはフランス1強という展開のフランスにとってくみしやすいグループです。

 

オーストラリア、ペルー、デンマークと続きますが油断さえしなければフランスの全勝1位通過はしやすいグループと言えます。

 

残る1枠はデンマークが最有力ではないかと思われます。

 

フランス以外突出していないためペルーやオーストラリアにも突破の可能性は十分にあるグループです。

 

そのフランスですが最近の大会では98年優勝、02年グループリーグ敗退、06年準優勝、10年グループリーグ敗退、14年ベスト8と1大会おきにグループリーグ敗退しているため、相手チームというよりジンクスを破る大会となりそうです。

 

なにぶん、中盤も揃っていて、欧州予選も『死の組』であるオランダやスウェーデンブルガリアを抑えての首位通過だけに戦力は申し分なく死角なしと言えるだけにまず番狂わせは考えにくいといえますね。

 

デンマーク代表のユニフォームを着て応援する

 

デンマークの赤、えんじ色を基調とするデザインはいわゆるワインレッドでカッコいいです。

しかしベントナーがいたころのデンマーク代表が凄い好きでした。

 

対ペルー戦

6月17日〇1-0勝ち

59分ユスフ・ポウルセンデンマーク

 

戦評

デンマークがキーパーのシュマイケルを筆頭に堅い守備を見せました。

1点を決めてからしっかりと守れる堅い守備は今大会上位進出を目指すデンマークには好材料です。

 

ペルーは中盤も支配できず少ない決定機を生かすことも出来ずデンマークに敗れてフランスとの次戦を迎えることとなりました。

 

対オーストラリア戦

6月21日△1-1引き分け

7分クリスティアン・エリクセンデンマーク

38分ミル・ジェディナク(PK)(オーストラリア)

 

戦評

オーストラリアがアジアの意地を見せる引き分けでした。

あっという間に先制されたオーストラリアですがPKで同点になってからはデンマークに猛攻を仕掛けます。

 

デンマークは守りつつもカウンターを仕掛けるしたたかさがありましたが両者譲らずの引き分けでオーストラリアは最終戦に臨みを繋ぎました。

 

終戦デンマークが負けオーストラリアが勝てば得失点差での進出に持ち込めるので2位争いが白熱してきました。

 

対フランス戦

フランスがここまで2連勝でデンマーク戦は流して引き分けても1位通過は堅いでしょうが、デンマークがフランス戦では引き分けで2位通過が出来るデンマークは本気で来るでしょう。

 

対戦成績も8勝1分5敗とフランス優位に見えますが『大物食い』のデンマークはW杯では1勝1敗と五分の成績でフランスとは互角の試合展開を見せてくれることでしょう。

 

グループ突破を決めているフランスは焦る必要がないため試合展開はあまり激しくはならないでしょう。

 

6月26日△0-0引き分け

 

戦評

この試合フランスが圧倒的に支配していますが、デンマークの堅い守備に無理に攻めようという意思は見られませんでした。

 

無理に攻めるより引き分けでも1位のためデンマークと分ける道をえらびました。

デンマークは引き分けならオーストラリアが勝っても追いつかれないため無難な道を選びました。

 

決勝トーナメント展望

苦しんだデンマークですが最初の相手は難敵クロアチアです。

同ブロックにはスペインも控え険しいですがシュマイケルがしっかり守り組織で守れればチャンスはあります。

 

実際ドイツも韓国やメキシコに、コロンビアも日本に負けて煮え湯を飲まされたと考えればデンマークにも勝機はあると言っていいです。

 

1回戦 クロアチア

クロアチアはアルゼンチン、ナイジェリアなどの死の組に入りましたが堂々の1位通過です。

 

 

1回戦 クロアチア

7月2日●1-1(PK2-3)負け

1分マティアス・イェルゲンセン

4分マリオ・マンジュキッチ

 

戦評

クロアチアが辛くも勝利したが薄氷の戦いでした。

デンマークの奇襲で先制を許し、すぐに追いついて点の取り合いになるかと思えばペースダウンし一転クロアチアを焦らし焦らせた。

 

延長でも決着が付かずPKに持ち込み両GKのファインセーブで2-2で迎えた最後のキッカーはラキティッチが決勝ゴールを決めPK戦を制しました。

 

タレントが決して豊富とは言えなかったデンマークが組織でここまでクロアチアを追い詰めるとはだれも予想だにしなかったのです。

 

素晴らしい戦いでした。

ゲームネタや漫画ネタも発信してます!


家電もあります。