はぴはぴディズニーパーティー

はっぴーにディズニーを周る方法教えます!

ポーランド代表のユニフォームやスタメン、レバンドフスキが持つ苦悩

この記事をシェアする

ディズニーリゾートランキング
にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

4年に1度のサッカーの祭典World Cupが2018年ロシアで6月14日から開催されています。予選から驚異の得点王であるレバンドフスキが今大会はいいところが見れずグループリーグ敗退となっています。

 

 

大会日程

グループリーグは6月14日から6月28日の2週間に渡り開催されます。

 

ポーランド代表の日程は6月19日●1-2セネガル、6月24日●0-3コロンビア、6月28日〇1-0日本となっています。

 

6月30日から7月15日が決勝トーナメントの日程となっています。

 

グループHを展望

本命はコロンビアとポーランドです。

 

日本にまずグループリーグ突破をしてほしいものの現実的に3敗して終わる可能性がある日本ですが、コロンビア、ポーランドで1勝1分といけるならセネガルに勝ちか引き分けで突破できます。

 

現実的にコロンビア戦に負けならグループリーグ敗退確定と言ってもいいため日本代表は最低でも引き分けが突破の条件と見ています。

 

ポーランドも安定した守備で得点を許さない守りです。

 

セネガルコートジボワール以上のオフェンスを秘めているためポーランド、コロンビアが頭一つ抜けていても突破は容易ではないどこが来てもおかしくない混戦のグループとなりそうです。

 

 

 ポーランド代表のユニフォームを着て応援する

 スポンサーリンク

 なんとなくですがポーランドイングランドとドイツのユニフォームのいいとこどりをしている気がします。

 

 

 

セネガル

6月19日

◯2-1勝ち

37分T.チョネク(OG)(セネガル

60分M.ニアン(セネガル

86分G.クリホビアク(ポーランド

 

戦評

セネガルの堅い守備にポーランドが対応できず、早いカウンターにやられたポーランドが破れました。

 

ポーランドが大会前高い評価を得ているにもかかわらずセネガルに飲み込まれたのはポーランドの奢りとセネガルの早いカウンターについていけないポーランドがディフェンスも崩壊してしまいました。

 

頼みの綱のレバンドフスキセネガルの分厚い壁に阻まれ徹底的なレバンドフスキ封じを見せてきました。

 

日本同様番狂わせを起こしたセネガル

今大会下克上が多い今大会、日本同様セネガルもトーナメントに勝ち上がるジャイアントキリングを見せてくれるかもしれないです。

 

対コロンビア

6月24日〇3-0勝ち

40分ジェリー・ミナ(コロンビア)

70分ラダメル・ファルカオ(コロンビア)

75分ファン・クアドラード(コロンビア)

 

戦評

1次リーグ突破が有望視されていた両チームは1敗同士のがけっぷち。

勝利したのはコロンビアです。

徹底したレバンドフスキ封じにポーランドは攻め手をなくしました。

 

第1戦と明らかに違うのはコロンビア11人のフルメンバーでした。

ポーランドは変わらずレバンドフスキ頼み。

 

ここに差があり、コロンビアはハメスが供給してファルカオファルカオがだめならクアドラードと切り札がたくさんあり、 明らかに攻めの時間もコロンビアに奪われました。

 

これは第1戦にあったメンタル的なものを克服したコロンビアの勝利と言えます。

また、ポーランドはカードが足りず戦術でも補えなかったのが誤算で、日本-セネガルが引き分けに終わったため敗退が確定しました。

 

 

対日本

日本はポーランドのストライカー、レバンドフスキに警戒をしたいところです。

 

コロンビア、セネガルに比べると一番攻守のバランスが取れていてドイツチームを彷彿とさせる強さです。

 

ここに来るまでの勝敗で戦い方で変わってきますが、ポーランドは2敗でむかえ、全敗では祖国へ帰れないと意地を見せてくるでしょう。

 

日本は1勝1分、セネガルも1勝1分、コロンビア1勝1敗のため日本は引き分けでもグループリーグ突破になります。

 

そうするとしっかり守りきれれば点は取られないためポーランド攻撃陣を抑え0封できれば自ずと予選突破できます。

 

ポーランドは強いだけにドイツ-メキシコをプレイバックし、奢りや相手を舐めないことが勝利へのカギになります。

 

セネガルが見せたレバンドフスキ封じを日本が出来れば勝機は充分にあると言えます。

しかしセネガル戦で見せた素晴らしい攻めが出来るなら引き分け以上を狙えるため日本はこの試合に集中し勝ちを狙っていきたいところです。

 

6月28日〇1-0勝ち

61分ベドナレク(ポーランド

 

戦評

スタメンから乾、香川、長谷部、原口、昌子、大迫の6人休ませ、代わりに槙野、武藤、岡崎、酒井高、山口、宇佐美とガラリと変えてきました。

 

日本も1、2戦よりも控えメンバーが多いため動きが固く、今ひとつ機能できていない感じがあります。

 

ポーランドも日本のパス回し中はあまり攻めてこずポーランドも静かな立ち上がりです。

 

ポーランドもセットプレーの精度が高く、日本もカウンターやポーランド陣内深い位置からの

パスカットでチャンスを演出しますが武藤、岡崎共にゴールにはなりません。

 

たまに日本のパス回し中にポーランドが高い位置からカットしカウンターを仕掛けるので要注意ですが、ポーランドも日本のディフェンスをやりにくそうにしているためレバンドフスキまで決定的につなぐところまで持って行けていません。

 

ポーランドもこれまでよりもいい攻めを見せますが川島がポーランドのヘディングで枠内に飛んできたボールをスーパーセーブで見せます。

 

日本もサイドからの攻めで宇佐美も枠内にシュートするも阻まれます。

 

今日のポーランドはコーナーからのセットプレーはシュートで終わってくるのでかなり怖い印象です。

 

日本もいい攻めを見せていますが岡崎も厳しいマークにあいゴールまではつながらず。

 

ポーランドのカウンターを封じ込めるように柴崎も厳しいディフェンスをし、ポーランドにいいようにさせません。

 

ポーランドはロングボールを多用し、クリホビアクがチャンスメイクをしてきます。

 

0-0で前半折り返したのは今大会初です。

日本もポーランドも決定機をGKのスーパーセーブによりスコアレスで後半を迎えます。

 

後半早々に足に違和感があり、開始2分で大迫に交代します。

 

ロングボールを放り込むポーランド、グロシツキなどボールを通しやすくなるものの長友がしっかり対応し、最後までは詰めさせません。

 

酒井高もかなり攻撃を仕掛けていい形を作っています。

 

ポーランドの素早いカウンターの仕掛けを吉田麻也が詰め、川島の飛び込みで本日2度目のビッグセーブをします。

 

サイドの長友からいいパスを受ける武藤ですが、シュートまでのタメやドリブルが長くまともにシュートを打てていません。

 

裏のパスから武藤が宇佐美につないでいます、そこからコーナーでこぼれ球を槙野がオーバーヘッドキックを見せます。

 

セットプレーからベドナレクにゴールをうばれます。

 

浮足立ち始める日本に対しポーランド本来の攻撃をし始めます。

 

ついに西野監督が動いて宇佐美に変え乾にチェンジします。

 

セットプレーが増えるポーランドに対し乾はドリブルで切り崩します。

 

サイドを切り崩し得たコーナーで吉田麻也がヘッドでチャンスメイク。

 

ポーランドのこれまでレバンドフスキ封じてきたもののカウンターでシュートを打たれます。

 

ポーランドも1点を取ってから無理に攻めてはきませんが、槙野の対応から危なくなるシーンがありました。

 

日本もセネガルがリードされている情報からパス回しを長くし始めます。

 

会場から大ブーイングが起こります。

リスクを冒さない日本、ボールを追わないポーランドです。

 

フェアプレーポイントを言われないためにも次の試合はしっかりプレーで返してほしいものです。

 

試合は日本の負けで終わりましたがコロンビア勝利のため決勝トーナメント進出を決めています。

 

初のフェアプレーポイントでセネガルを上回ったのが良かったと言えます。

ポーランドとしてもようやく火を噴き借りを返しました。

 

 ポーランドの苦悩

正直に言えば大会前はポーランドは難しいグループと評されていても日本とセネガルで2勝は計算出来て残るコロンビアと1位争いをするつもりで計算していたが蓋を開けてみればセネガルには1-2、コロンビアに0-3の2連敗で日本戦を待たずしてあっさり大会を終わらせてしまい国民から大バッシングされる始末でした。

 

背景には勝ち切れるという驕りがあり、そこを突かれてしまったのとまさかレバンドフスキ頼みになり激しいマークで封じられてしまうと何もできなくなったのが敗因と言えます。

 

日本戦には勝ちましたが、日本がメンバーを変えなければきっとポーランドは3連敗の公算が高かったのだろうと思います。

その代わり日本代表もあの伝説に残る死闘を演じることもないかもしれませんが…

 

ポーランドの改善としてはレバンドフスキに対する依存をなくし一人一人のビルドアップをすることと日本やセネガルなどの格下にも敬意を払うということが重要です。

 

スペイン代表引退を発表したイニエスタも得点を決めても常に0-0のつもりでプレーしていると言っています。

 

実際ポーランドは強いです。

弱くないからこその驕りや慢心が出てしまいこういった結果になったと言えます。

 

もしワールドカップ予選と同じくヨーロッパチームを相手にしている気持ちでやっていれば結果は変わったと言えます。

 

選手のメンタルや監督のメンタルの弱さも出てしまったワールドカップでした。

ポーランドは次のユーロ2020に向けての激闘がありますが、そこで結果を出しワールドカップ2022へつなげてほしいと感じました。

ゲームネタや漫画ネタも発信してます!


家電もあります。